レディー

自律神経失調症の治療を早めに始めよう│悪化を防ぐテクニック

薬にも使われた蜂のエキス

ハチミツ

その歴史と今後の予測

プロポリスといえば、セイヨウミツバチの巣からごく少量だけ採れる貴重な成分です。いろいろな効果があるため、数千年前から中東、西洋などで薬として用いられてきました。別名蜂ヤニともいわれていて、ミツバチが外から集めてきた樹脂を噛んで、自分の唾液と混ぜ合わせて作った物質です。また、強い抗菌力があって、ミツバチの巣に細菌等の伝染病が蔓延することを防ぐ働きを持っています。また、抗菌力だけでなく、栄養分も豊富なため、サプリメントとしても世界中でいろいろなものが発売されています。しかし、プロポリスは一つの巣から採れる量が少量なのと、巣から取り出すのに技術が必要なため、なかなか需要に生産が追いつかず貴重なものとなっています。今後、プロポリスの生産に技術革新が起これば、品薄状態も解消されて価格も下がってくるでしょう。

注意しておきたいこと

プロポリスを使用する場合、特に強い効果が期待できるのが、プロポリスの原液を使うことです。ただし、プロポリスの原液は、抽出の方法によって味や含まれているものが変わってきます。まず、比較的多いのが、アルコールを利用して抽出するものです。このときは原液にアルコールの風味が残っている場合が多いです。それ以外には、水で抽出する方法やグリセリンを用いて抽出する方法などもあります。こういった抽出法で作られたプロポリスの原液は、アルコールの味がしないところがメリットとなっています。また、一般的には、飲用、食用されることが多いプロポリスですが、歯ブラシに数滴垂らして歯を磨けば、口腔内の殺菌効果が期待できます。また、傷口に塗ると殺菌作用が働いて、早期回復が期待できます。このようにいろいろな用途に使えるのが、プロポリス原液の魅力です。